FUT? FUE?自毛植毛の種類と選び方

AGA治療を行ってもなかなか改善が見られなかったり逆に進行してしまうケースも少なくないようです!治療にはそれなりにお金がかかりそれを毎月払うだけでも大変なのに、それで効果がでないなんて辛すぎませんか?クリニックでの治療を受けていない人でも効果が高い育毛剤があると聞けばつい手を出したくなりますし、その金額だってばかになりません。しかし、市販の育毛剤には限界があり必ずしも効果があるわけではなく、ほとんどの人が「抜け毛が減った」程度の効果しか感じていないのが現実です!もし、1万円以下の育毛剤で髪がふさふさ生えてくるのならすでに世の中に薄毛や抜け毛に悩む人がいないはず・・実際は広告通りのうまい話はないと考えた方が良いのかもしれません。

そこで最終手段として考えられるのが植毛やカツラですが、さすがにカツラは抵抗がありますよね?植毛は直接植えるのでカツラのようにいかにも偽物です!と言った違和感がなく自然になじむのが一番の魅力ではないでしょうか?実施に芸能人の中に植毛をしている人は意外と多いと言われており、素人が見ても全く分かりませんがそれに関する仕事をいている人には分かるのかもしれませんね。

最近の植毛技術はどんどん進歩しており、自毛植毛が一般的になりつつあります。この自毛植毛という言葉はあまり聞きなれないと思いますが、その名の通り自分の髪を薄くなった部分に植毛する方法で、後頭部の目立たない部分を使うのが一般的です。自毛植毛は大きく2つに分けることが可能で、一つ目はFUTといういわゆる切る方法なのですが、広い範囲の植毛が可能で後頭部にある程度髪の長さがあればすぐに隠ればれにくいのですが、植毛自体に繊細さがなく細かい部分には適していません。もう一つがFUEという切らない植毛で、一度坊主にしなくてはならないので抵抗がある人が多いようですが、傷みがなく繊細な植毛が可能なのでばれにくいのが特徴です。

このように自毛植毛はより自然に広範囲、細かな部分にも対応できるようになってきたので、AGA治療や育毛剤を使う日々から抜け出したい人にはとてもお勧めの方法なのです。